防犯カメラは利用目的によって最適な製品をチョイスしよう

積み木と鍵

業者は比較して選定しよう

警備員

個人住宅でも警備会社のガードマンに警備や巡回を依頼するケースが増えているといいます。別作業も頼めるような便利なサービスも登場しているので、利用価値は高いでしょう。なによりも、防犯対策をすることが重要になります。

詳しく読む

スピード解決のために

キー

川崎エリアで暮らしていると、思わぬ鍵トラブルに遭遇して、右往左往してしまう場合もあるでしょう。そうした場合には、専門業者に駆けつけてもらって、早急に問題解決をしてもらうようにしたいものです。

詳しく読む

どのようなシステムなのか

困る婦人

防犯カメラを設置する家庭が増加しています。今までよりもリーズナブルに簡単に利用できるようになっているので、導入しやすくなっているのです。設置方法としてはどのようなシステムが用いられているのかみていきましょう。

詳しく読む

夜間でも安心できる

監視カメラ

防犯カメラを選ぶときには、まずはどのような目的で設置するのかという問題が重要になります。防犯対策をなによりも重要視する場合は、費用のことも気にせずに最新の防犯カメラを導入すればよいといえます。最近需要が高まっているのは、ユーザーが自宅から離れていても、防犯カメラの映像を確認できる遠隔監視タイプのものです。スマートフォンやタブレットが普及していることに伴い、映像をリアルタイムにチェックすることが可能になっているのです。ストーカーや嫌がらせ被害を受けているケースの場合は、特にこの遠隔監視タイプは安心だといえます。映像を録画して簡単に見返すこともできるので、犯人逮捕の証拠としても有効だといえます。ただし、画像が鮮明でないと、顔が判別できない場合もあるので、できれば綺麗に映るカメラを選ぶことも重要になります。130万画素あるようなハイビジョンカメラであれば、問題なく顔やナンバープレートを写し出すことが期待できるでしょう。さらに220万画素あるフルハイビジョンのカメラや、4K画質に対応しているカメラもあるので、さらに鮮明に映像として残したい場合は、そうした高画質のカメラを利用することもおすすめします。また、夜間でも安心して利用できる防犯カメラとして人気が高いのが、超高感度カメラになります。電灯が少ないような暗い場所でも、超高感度カメラであればカラーで風景を写し出すことが可能です。赤外線カメラも完全な暗闇の中でも撮影ができるので、人気がありますが、こちらは白黒映像になります。